天然記念物指定 甲斐犬愛護会 藤神犬舎&木工房 藤神のブログへようこそ!
ブログでは甲斐犬愛護会の展覧会の様子と木工房の新商品を中心に最新の情報を配信していきます。
 
<< 完全歯 | main | 未だ覚醒ぜす >>
展覧会と適正
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

     

    前回に引き続き
    歯についてと 牡犬の睾丸につきまして
    少々

     

    まず歯は牡牝共通ですが
    28本の乳歯が
    生後4ヶ月頃から7ヶ月頃までに
    永久歯42本に生え変わります。
    (門歯12本、犬歯4本、前臼歯16本
    後臼歯が10本)

    中には1本、2本出ない事もあります。
    これを欠歯といいます。

     

    実際には 欠歯が有ったとしても
    犬自体 健康に害が有るとか
    生活に支障が有るわけではありません。
    要は何の問題もありません
    ただし 展覧会を行う方や繁殖を行う方に
    とっては少々問題が有ります。
    展覧会の場合は 欠歯が1本でもあれば
    入賞はできません。
    また繁殖の際にも 欠歯の犬を使う事は
    遺伝を考えると 避けるべきです。

    もちろん 家庭犬やペットとして飼われる

    方には何の問題もありません。

    あくまで 展覧会というカテゴリーの中で
    考えた場合NGという事だけです。

     

    この欠歯というのは どの程度の確率で
    出てくるかはデータが有りませんので
    分かりませんが 決して高い確率では
    有りませんが
    どの犬にも起こりうる可能性はあります
    長く犬飼をして複数の犬を飼育した経験が

    有る方ならば1頭、2頭欠歯の犬に当たる
    こともあるものです。

     

    では どういった犬に欠歯が出るのかというと
    遺伝的にみると 両親犬が完全歯でも
    欠歯の子は出ますし 両親犬が欠歯でも
    完全歯の子は出ます。
    一概に全て遺伝からとは言えませんが
    欠歯の犬を繁殖に使うことは 欠歯という
    可能性を考えた場合リスクは伴います。

    欠歯が複数有る場合や 欠歯がどの歯なの
    かで 遺伝的な要因が強くなるとも言われて
    います


    次に牡犬のタマタマ(睾丸)について
    生まれ落ちた時 睾丸は所定の位置には
    ありません
    最初は腎臓の近くに有り 成長に伴い
    下へ降りてきて 2ヶ月後位には
    陰嚢におさまると言われていますが

    小さすぎて目視では確認は無理ですね。
    個体差により 降りる時期も結構差が
    あります。

     

    目視で確認できるのは 半年くらいですかね
    早い犬ですと2ヶ月ころになると 触手で
    確認はできますが 小豆よりも小さく
    素人さんには確認は無理でしょう。
    これも 有って当たり前ではなく 所定の
    袋に降りない事も稀にあります。
    時には片金と呼ばれ 一つしか下りない事や
    二つとも下りない事もあります。
    こちらは 確率は低く本当に稀ですが
    どの牡犬にも可能性は有ります。

     

    展覧会の場合 この2点が適正検査として
    必ず チェックされます。

     

    良い犬なのに 欠歯だよ とか
    良い犬なのに 片金だよ という事は
    有る事です。

    実際 藤神でも過去に どちらも経験が
    ありますので 6〜7ヶ月位までは
    神に祈る思いで 飼育管理しています。

    こういった事も想定内として 考えて
    いなければ 展覧会はやっていられませんね

     

     

     

    ここをポチッとお願いします。

    にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
    にほんブログ村

     

    【2020.02.05 Wednesday 15:09】 author : huji-kami
    | 甲斐犬 | comments(0) | - | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする